これまでの切手の最高額とは

古い切手はそのときの時代を示す大きな価値があり、希少価値のある切手は高い価格で売買されています。例えば「松鷹図」という切手は1枚あたり1000円で売ることが出来ます。昔の切手は記念切手よりも普通切手の方が価値が高くなっている時代もあります。普通切手はいつでも発行されていたために使用する頻度や需要も高かったからだといわれています。額面以上の価格で買取される切手は別名プレミア切手とも呼ばれ、例えば切手趣味週間である月に雁という切手は一枚あたり15000円以上の値段がつく場合もあります。昭和天皇が皇太子になったことを記念して発行された儀式のかんむり切手は、9万円以上もの値段がつくこともあるプレミア切手です。プレミア切手だけでなくエラー切手も高い値段がつく場合があり、エラー切手は珍しい品として高値がつく傾向にあります。エラー切手である龍500文逆さ刷りは、オークションで2550万円もの値段がついたこともあります。