破れている切手は使用できないことも

切手は紙で出来ていますので、ちょっとした不注意でも破れてしまうことがあり、使用する際には気を付けたいところです。基本的に破れてしまった切手は郵便で使用することが出来ないとされていますが、どの程度の破れから使用不可になってしまうのでしょうか。まず、切れ目だけで欠けている箇所がなければ問題なく使用することが出来ます。そして、端の部分が少し欠けているといった場合も、その面積によりますが大抵の場合は使用することが出来ます。しかし金額の部分まで破れてしまっており確認が出来ない場合は、使用することが出来ません。破れてしまった切手は郵便局にて交換することが出来ますので、もし切手を貼り付ける際に破れてしまった場合は、交換してもらうと安心して手紙や荷物を送ることが出来ます。そしてあまりにも古い切手の場合、裏糊が上手く機能せず、郵送の途中で剥がれてしまったり破れてしまったりといった場合もあります。そうした切手もあらかじめ郵便局にて交換してもらうと良いでしょう。